a0002_006971
素直に泣くことが必要です (・∀・)つ
感情を長い間ため込むと、いろいろな方法で表に出てきます。
泣きたいときは、泣いてください。感情を外に押し流してください。

多くの人が、自分の感情さえも忘れてしまうくらい、毎日を忙しく過ごしています。
行動だけでなく、自分の感情も理解してください。

人の目の前で泣くのは気まずく感じます。涙のきっかけはとても意外なものかもしれません。
自分にとって重要な新しい何かに気付けることでしょう。

感情をため込むことは、痛みを伴う可能性もあります。
涙は、その負荷を肩から降ろしてくれます。

ポジティブな涙は、ネガティブな要素を取り除き、幸せな気分を取り戻してくれます。
涙はときに「弱さ」と関連づけて判断されてしまうことがあります。

どんなに恥ずかしくても、自分の弱さをさらけ出すのは必要なことです。
他人に正直であろうとする前に、まずは自分自身に正直になる必要があります。

涙には、泣く行為を通して体から分泌されたストレスホルモンが含まれています。
涙は、気持ちの中にある「毒素」を体外に排出するのです。

長い間感情を抑え続けると、心の底から感情を実感するということがなくなります。
自分らしく生きることは、いい涙を流すことなのです。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)