無題
質の良い塩は旨味があります (・∀・)つ
塩分の問題でいえるのは摂りすぎではなく、どんな塩を摂っているかが大事ということです。
摂っている塩の質に問題があるのです。

適正量がどのくらいなのかについては正解がなく、人によって違う上に、同じ人でもその日によって変わります。
暑い日にたくさん汗をかけば水を飲みたくなり、塩分がほしくなるのは当たり前のことです。

1日の塩分摂取量を定めても、守れる人はいないでしょう。
大事なのは、いい塩を摂るように心がけることです。

海水からつくられる自然塩が、ミネラル分が豊富に含まれています。
ミネラルは地球上に存在するもっとも細かい分子で、それ以上は分解することができません。

地球上のすべての物体は、そのミネラルの組み合わせでできています。
人間が生きていくために取り込まなければならない必須ミネラルは16種類あります。

海水には、その必須ミネラルがすべて含まれています。
その組成は驚くほど人体のそれと似ているのです。

大量生産されている食品に使われていると思われる塩は、粗悪な工業用の塩です。
ミネラルは含まれず、純度99%の「塩化ナトリウム」です。

健やかに生きるためには、自然塩を使い、大量生産されている加工食品を避けるのが賢明です。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)