a1180_009198
洗顔のし過ぎは禁物です (・∀・)つ
洗顔料や石鹸で顔を洗わなければ、不潔になる、思っていませんか。
皮膚には肌を清潔に保つ『新陳代謝』という機能がもともと備わっています。

表皮は、4層で構成され、表皮のいちばん下にある基底層で「角化細胞」が作られています。
角化細胞は「基底層」から「有棘層」「顆粒層」を経て、約2週間で「角質層」に到達し「角質細胞」となります。

角質細胞は2週間ほど角質層にとどまり、皮膚バリアの役目を果たし、垢となり自然にはがれ落ちます。
皮膚を洗えば汚れは落ちますが、バリア機能を低下させることになります。

洗う回数が多くなると、バリア機能はさらに低下し、外からの刺激を受けやすくなります。
バリア機能の低下で、かゆみや赤みに加え、小ジワやニキビなども起こることもあります。

界面活性剤の入った化粧品を使うと、皮脂も取り除かて、皮膚常在菌のバランスが崩れます。
メイクアップ化粧品を落さずに寝ることは、もちろん肌に良くないです。

しかし、洗顔料、石鹸での洗顔回数を減らし、化粧水やクリームの使用を控えてください。
自分で作り出す、自然の美肌成分と皮膚バリアで、美肌を保つことができます。

常識になっていることが、正しいとは限りません。
この夏から、洗顔料、石鹸、化粧品と「さよなら」して下さい。

モクレンは洗顔料、化粧品を使わなくなり10年以上経ちます。
それなりにシワはありますが、肌は健康に保たれています。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)