200px-Aerosol
宣伝につられて手軽に使っていませんか (・∀・)つ
カビや細菌が繁殖しやすい季節となりました。
室内のカビ臭や衣類の汗臭さなどが気になっている人も多いのではないでしょうか。

除菌・消臭スプレーを購入し、カーテンやソファー、などに吹きかけている人もいるでしょう。
安全性の面で不安な点があります。

市販の除菌・消臭スプレーに使われている成分は、第四級アンモニウム塩系の殺菌剤で、逆性せっけんの成分です。

殺菌力が強いだけに人間に対する毒性も強く、誤飲すると嘔吐、下痢、筋肉の麻痺、中枢神経の抑制などの中毒症状を起こします。

除菌スプレーをベッドやソファ、まくら、布団、ぬいぐるみなどに使うということは、それらに第四級アンモニウム塩が付着するということです。

布などに素肌が触れれば、第四級アンモニウム塩が皮膚に作用することになります。
布団やまくらに使ってそれで寝れば、一晩中吸い込み続けることになります。
長期間それが続いた場合、身体に悪影響が現れないか心配されます。

重曹はにおいを吸収する作用が強く、小さめのお皿に重曹を盛って部屋に置いておくと,嫌なにおいをかなりなくすことができます。
トイレに置いた場合、トイレ用消臭剤を使わなくても、トイレの嫌なにおいをかなり解消できます。

スプレー容器に水を入れ、重曹を少し入れて溶かせば、市販の除菌・消臭スプレーの代わりとして使うことができます。

重曹は食品にも添加されているものなので、第四級アンモニウム塩に比べると安全性は高いといえます。
水に溶かした重層をスプレーする際、目に入ると痛みを感じるので注意してください。
溶かした液が皮膚に付着するとヌルヌルするので、その場合はすぐに水で洗い流してください。

安全なものを使ってください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)