2016/03/30 被害者による提訴方針会見
2016/03/30 被害者による提訴方針会見  HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団のHPより
HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団より引用

「子宮頸がん予防ワクチン」とのふれこみで接種されたHPVワクチン(サーバリックス・ガーダシル)によって、全身の疼痛、知覚障害、運動障害、記憶障害等の深刻な副作用被害が発生し、全国の多くの被害者が今なお苦しんでいます。

被害者は、2013年3月に「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」を結成し、多くの方の支援を得て活動し、2015年3月には全面解決要求書を国と企業に提出しています。

確かに、これまでに接種の一時停止、副作用被害救済制度の適用の拡大など一定の前進はありました。しかし、真の救済や再発防止にはほど遠い状況にあります。製薬企業2社は、いまだに被害を認めようとせず、接種の積極勧奨再開への働きかけさえ行っています。
そこで、訴訟を提起せざるを得ないと決断しました。

被害者の願いは、将来にわたって医療や生活全般にわたって安心して生きていけるようにすること、また、真相を明らかにして被害をくりかえさないようにすることです。
訴訟により国と企業の法的責任を明確にし、それを基盤に真の救済と再発防止を実現していきたいと考えています。

引用ここまで

名古屋訴訟第3回口頭弁論期日をご案内します

■日時:平成29年6月30日(金)午後2時(~終了予定:午後3時30分ころ)
■場所:名古屋地方裁判所1階大法廷(1号法廷)
■サポーター・傍聴希望者集合時刻:午後0時30分
場所:名古屋地方裁判所・西側歩道(KKRホテル名古屋向かい)傍聴案内ダウンロードはこちら
  • 傍聴券の抽選に外れた方には、法廷外特別企画会場(弁護士会館5階ホール)において、弁護団が裁判の様子を分かりやすく説明します。
  • 裁判終了後には、弁護士会館5階ホールで報告集会を行います。