snapshot
高齢者にも危険ですが、赤ちゃんはもっと危険です (・∀・)つ
定期接種のワクチンは、自治体が乳幼児に接種を義務付けています。
接種を受ける側にとっては経済的負担の少ないワクチンです。

任意接種ワクチンは、接種するかどうか接種を受ける側に任されているワクチンです。
任意接種のワクチンに健康保険は適用されませんので、接種費用は基本的に自己負担となります。

ワクチンは予防医療であると思わされていますが、巧妙に隠された悪意のもと法的に実施されている医学的根拠のない慣習制度です。

水疱瘡、麻疹、おたふく風邪、百日咳といった病気でも、その病気にかかり、それによって、その病気に対する生涯免疫力がつきます。

多くの医療従事者は人々のためにワクチンを接種しているのだと思われます。
ワクチンの性質や社会的信用度を熟知し、それを悪用している人が存在しているのです。

世界各地で何千万の人々がワクチンによって死亡し、伝染病が広まっているのです。
接種する方もされる方も、考えもせずに気軽に行う行為ではないということです。

水銀系保存料やアルミニウム化合物の添加されたものもあります。
培養に使われた動物の細胞が紛れ込んでいるかもしれません。

ワクチンを接種するなら、もっと調べてみてください。
自分と家族を守るのは、自分です。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)