a0002_004012
身体を動かす事が健康への道です (・∀・)つ
運動といっても、激しい運動ではなくウォーキング程度の身体に優しく動くのです。
血流を改善することがよいのです。

しかし、ウォーキングを続けていて膝痛になる方がいます。
ウォーキングは良いのですが、膝を痛めては何にもなりません。

歩いていて膝が痛くなったら、ウォーキングを休んでください。
膝痛の回復を待ってから、再開してください。

歩くだけでも体重の3倍もの重さが膝に掛かります。体重60キロの場合180キロです。
土や芝生の上を歩けるなら、膝にかかる地面からの衝撃が、舗装路と比べかなり緩和されます。

体重が重めの方は特に負担がかかりますので注意してください。
土の上でも、慣れない方はデコボコ道で足首を痛めてしまうこともあります。

靴が足に合っていないと膝に負担が掛かることもあります。
つま先に余裕があり、歩行中シューズの中で足が動かないもの、クッション性の良い靴にして下さい。

歩く時間も、30分程度にして足の筋肉や腱に負担を掛けないようにしてください。
健康増進にはウォーキングが欠かせませんが、膝痛にならないようにしてください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)