a0001_009243
暑い日が続きます (・∀・)つ
夏はまだこれからです、猛暑日はこれからです。
熱中症がニュースになる日も多くなことでしょう。

今年は未だ、エアコンを使わず扇風機を使って暮らしています。
35℃を超す日が来たら、エアコンの出番だと思っています。

暑くて蒸し暑い時に、身体の適応障害によっておこる状態の総称です。
脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全が起こります。

症状としては、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなります。
体温の異常な上昇に伴い異常な発汗や反対に汗が出なくなることもあります。

発症した場合は程度によらず適切な措置を取る必要があります。
死亡する場合もありますし、重症の場合は脳機能障害や腎臓障害の後遺症を残す場合もあります。

特に幼児や高齢者は、注意が必要です。
予防として、適度な水分補給とエアコンの利用が奨励されています。

市販のスポーツドリングは糖分が多すぎて、飲みすぎると糖尿病になる心配があります。
水と塩分を補給しください。

エアコンの使用ですが、常時エアコンの中にいると温度調整をする、汗腺が働かなくなります。
今の内から汗をかくように、身体を動かしたり、お風呂に入ったりして、汗腺を刺激する必要があります。

基礎体力をつけておくことも、暑さになれることも、熱中症の予防になります。
道路工事など室外で働いている方は、気温と照り返しで40℃以上になる所にいます。

エアコン使用だけが予防法ではないことを知ってください。
暑さと我慢比べをすることはありませんので、エアコンは上手に使ってください。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)