a0070_000239
金融資産からの区分けによると、モクレンは下流老人になりますが、幸福です (・∀・)つ
「上流老人」 「中流老人」 「下流老人」 と区分けできるそうです。
金融資産が「2000万円以上」を「上流老人」、「500万円未満」を「下流老人」、
「500万円以上2000万円未満」を「中流老人」と分類しています。


「上流老人」「中流老人」「下流老人」の数がほぼ1/3に分かれるそうです。

60
代の時点で「上流老人」「中流老人」「下流老人」というのはほぼ決定してしまいます。

「下流老人」が「中流老人」や「上流老人」に上がっていくことはほとんどなく、死ぬまでランクに変動はないということです。

年収が100万円未満の人は40歳以降に大病や大怪我をして仕事を辞めたことが原因のようです。
入院、手術などの医療費の負担が大きく影響しているようです。

下流老人で不幸な人は、買いたいものが買えず、医者へも行かず我慢しているのです。
上流老人で不幸な人は体力的な問題と寂しさです。

下流でも上流でも、幸福な人はいますし、不幸な人もいます。
お金は大事ですが、それよりも大事なことがあります。

信頼できる人が要るかどうかです。
家族も大事ですが、その他にも相談出来る人がいるかいないかで、幸福感が変わります。

健やかに生きるためには、たくさんのお金は掛かりません。
誠実に生きていれば、友人は去っていきません。

自分で勉強をし、自分の体調を管理していれば、医療費はほとんどかかりません。
少食にして、菜食を心がけていれば、食費もあまりかかりませんし、健康不安もありません。

下流老人に区分されても、幸福に暮らす方法があることを忘れないでください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)