a0024_000070
日焼けをしたくない気持ちは理解できます (・∀・)つ
紫外線は皮膚にとって有害であり、なるべく浴びない方が良いと思われます。
紫外線を多く浴びると、遺伝子レベルで傷がつき、皮膚がんの危険が高まります。

日光を浴びて生きてきた人間には、対応する機構が備わっています。
傷ついた遺伝子は修復されますし、修復される前にも細胞のガン化を防ぐようになっています。

強い日光を浴びた場合、火傷のような状態になったり、シミやそばかすの原因となることもあります。
シミやそばかすの発生を防ぐために、日焼け止めを塗る人は多いでしょう。

紫外線対策として安易に日焼け止めを塗るのは危険です。
市販されている日焼け止めのほとんどに、皮膚がんを起こす可能性がある成分が含まれているからです。

オキシベンゾンはアレルギー反応を起こし、ホルモン異常を起こす可能性が指摘されています。
パラアミノ安息香酸やプソラレンは皮膚がんを引き起こす可能性が指摘されています。

酸化チタンは人体への影響が小さいと考えられていましたが、発ガンの可能性があるようです。
酸化亜鉛もよく使用されていますが、発がん性が指摘されています。

最近は超微粒子化しており、肌の奥深くまで浸透しやすくなっています。
超微粒子は身体に有害と思われることに加えて、広範囲に塗ると全身の皮膚から吸収することになります。

経皮吸収は経口吸収以上に毒性が体に回りやすく、気をつけなければなりません。
紫外線を防ぐには、日傘や長袖などで直射日光を防ぐことが一番のようです。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)