a0002_011919
原因はイロイロあります (・∀・)つ
有害な化学物質が含まれるものとしては、タバコの煙や、車の排気ガス、工場からの煙、建築に使われてきたアスベスト(石綿)などが挙げられます。

日常的に口にする食品の中にも、実は発がん性のある添加物が使われていることがあります。
DNAが放射線を浴びると、塩基に傷ができて、正常なコピーができなくなることがあります

子宮頸がんや肝臓がん、成人T細胞白血病などは、特定のウイルスへの感染が原因です。
ヒトパピローマウイルスや、肝炎ウイルスなどが代表的です。

とは言うものの、生活習慣を変えることによって、回復します。
身体に入ってきた毒物を排出して、毒を入れないようにし、免疫力を上げます。

添加物や農薬が入っていない物で玄米菜食で少食にします。
完全には無理としても、出来る限り自然のものを目指してください。

お肉・乳製品・砂糖・インスタント食品・冷凍食品は避けてください。
出来る限り自炊にして下さい。

できるだけ身体を動かし、血流を良くします。
腹式呼吸をし、半身浴や足湯を継続して行い、体温を上げます。

心の問題・ストレスが、免疫力を下げます。
身体が回復してきたら、生き方考え方を変えます。

ガンと診断されても落胆する必要はありませんが、回復には時間が掛かります。
医者による手術・抗癌剤・放射線、の治療ではガンは回復しません。

生活習慣を変えることは、長期間に渡ります、焦らずじっくり回復を待ちましよう。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)