a0782_000100
便利で利用される方も多いと思いますが、、 (・∀・)つ
ペットボトル茶に添加されているビタミンC(L-アスコルビン酸)の品質と量に問題があります。
ビタミンCに変色防止など酸化防止効果があるので、原材料名表示では「酸化防止剤(L-アスコルビン酸)」と表示すべきです。

L-アスコルビン酸は、食肉製品では肉1キログラムに0.5グラム添加で変色防止効果、緑茶、ジュース類では0.02~0.04%添加で褐変防止、風味保持効果が出るとされていす。

L-アスコルビン酸はビタミンCのことだから、毒性もないと思っている方も多いでしょう。
WHO(世界保健機関)ではL-アスコルビン酸の1日の摂取許容量を体重1㎏当たり0.25gと定めています。

市販されている主な緑茶飲料500㎖当たりのビタミンC含有量は平均で100㎎です。
厚生労働省が定めているビタミンCの摂取推奨量は1日100㎎です。

合成ビタミンCと自然の食品に含まれるビタミンCは、まったく異質のものです。
ボトルに入ったビタミンCを飲んでも、身体に良いはずはありません。

ガン細胞をつくる原因になる活性酸素を、天然のビタミンCはほとんど発生させませんが、人工的に作られた合成ビタミンC(L-アスコルビン酸)は大量に発生させます。

天然のビタミンCには活性酸素の発生を抑える酵素が含まれています。
合成ビタミンCが天然のビタミンCと化学式が同じでも、安全性が同じとはいえません。

面倒でも、ボトル入り飲料ではなく自分で作ったお茶を飲んでください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)