a1130_000176
大変な世の中と感じます (・∀・)つ
驚かす訳ではないです。罹患率は多分間違いないです。
ガン保険のコマーシャルでも同様のフレーズが使われています。

ガンに罹患する年齢についてには言及していません。
罹患する時期は高齢になってからが多いという事実です。

50代以上が多くて、それ以降急激に増えていく のです。
近年は低年齢化していますが、若い人がガンになる不安を不必要に抱く必要はないのです。

死亡率についても、男女ともに1990年代後半から、がんの死亡率は下がる傾向にありますので、若い世代の人のがん死亡率が高まっているというわけではないようです。

ガンが死につながりかねない恐ろしい病であることに間違いはありません。
芸能人のエピソードやテレビのコマーシャルにより、必要以上に不安があおられているように感じます。

ガン検診が予防になるはずかありません。
検診で見つかると、辛い治療が始まります。

検診を受けるよりも、毎日の食生活に気を配ってください。
ガンにならないように、免疫力を上げる生活習慣にして下さい。

添加物や防腐剤入りの食事を極力避けて、電子レンジの使用は止めるなど免疫力を下げる物を食べないようにしてください。

和食中心で、本物の食品を食べてください。
少食にすることも大事です。

不安を抱いて生活するより、自覚を持つことにより、ガン予防になります。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)