a0027_000321
一日3回が目安です (・∀・)つ
まず、歯ブラシの選び方についてです。
「かため」「ふつう」「やわらかめ」とありますが、好みで選んでください。

ブラシの固さに基準はなく、同じ「やわかめ」でもメーカーによって加減が異なります。
いろいろ試して、好みの硬さを探してください。

歯磨き粉はつけません。塩か水磨きしています。
歯磨き粉は、爽快感や清涼感があるので、口の中がサッパリして磨けていないのに磨いた気になってしまいます。

歯ブラシや歯磨き粉に頼るのではなく、磨き方を意識することです。
少なくとも10~15分ほど時間をかけて磨いてください。

磨くのは、朝起きてすぐに1回、昼食後1回、夜寝る前1回、合計3回。
朝一番は、寝ている間に口の中の細菌が増殖するので、必ず磨く必要があります。

歯ブラシをこまめに縦や横に動かして、磨き残しのないようにしてください。
タフトブラシを使うなどして、歯間や歯と歯茎の境目などにも意識してください。

食事はよく噛んで食べてください。
咀嚼することで唾液がたくさん出て、口内の健康維持や顎周辺の筋力アップに繋がります。

食後の歯磨きは少し時間を空ける
食後、口の中は食べたものや唾液によって酸性に傾く傾向があります。

歯磨きの効果を上げるためにも、食後30分ほど間を空けて、口の中を中和させてから磨いてください。
磨き癖や噛み癖がありますから、自分の癖を把握して、磨き方や噛み癖を修正して下さい。

口の中が不調になると、食事か美味しくないし、最悪の場合は食べられなくなります。
自分で出来るケアが大事です、頑張って続けてください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)