a0002_004886
和食が骨と歯を強くしてくれます (・∀・)つ
マグネシウムはそもそも亜鉛などと同じミネラルの一種です。
体内で約60%が骨に含まれると言われています。

マグネシウムは人体に必要なミネラルの一種で、リンやカルシウムとともに骨を形成するほか、さまざまな代謝を助ける機能を持つ栄養素です。

骨の弾性維持、細胞のカリウム濃度調節、細胞核の形態維持に関与するとともに、細胞がエネルギーを蓄積、消費するときに必須の成分となっています。

不足すると骨の形成に影響が出るほか、不整脈や虚血性心疾患、高血圧、筋肉のけいれんを引き起こし、神経過敏や抑うつ感などが生じることもあります。
糖尿病・大腸ガン・心筋梗塞・脳卒中などの病気にかかるリスクを高めるとも言われています。

摂取しても、重労働や過度な運動をしたり、ストレスを感じたり、お酒を飲み過ぎたり、肉類や加工食品の過剰摂取でマグネシウムは大量消費されてしまいます。

加齢や妊婦でもマグネシウムは消費されます。
高齢の方や妊婦の方は多めに食べる必要が出てきます。

マグネシウムは、海藻類に多く含まれています。
あおさ、あおのり、わかめ、てんぐさ、ふのり、、、

焼き海苔とわかめの味噌汁で、無理なく摂取出来ます。
美味しい味噌汁で、健康増進してください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)