a0008_001221
フッ素は毒なのですが、歯医者さんで塗布してくれます (・∀・)つ
フッ素には厚生労働省も認める強力な毒性をもち、濃度に関わらず健康面における多くの被害が報告されています。
が、フッ素を歯面に塗ることで耐酸性が上がると言われています。

歯面に歯垢や汚れ、唾液が作る膜をきれいに取り除いたうえで塗布し、5分以上そのままにすることで効果が得られるそうです。
通常の歯磨きではフッ素による効果は期待できないとなります。

フッ素には強い抗酸化作用があり、ガン化を促進し、脳神経障害を引き起こすとされています。

脳の松果体を石灰化や神経発達に悪影響を起こし子供のIQ低下、妊娠中であれば母体の胎盤を通過し胎児の脳神経系の発達に申告なダメージを与える危険性があります。

骨硬化症、糖質代謝異常、脂質代謝異常を引き起こすとの報告もあるそうです。
もともとは家畜をおとなしくするために飲ませる場合があったそうです。

人体に初めて使用したのはナチス・ドイツとされ、強制収容所の囚人をおとなしくさせるために水道水にフッ素添加を行ったそうです。

今は、「フッ素は安全なもの、身体に良いもの」というイメージが一般社会に定着しているようです。
世界ではいまだに水道水に添加しようと躍起になっている人間がおり、今後また日本のどこかで水道水に添加するという話が出てくる可能性は高いと思われます。

フッ素を水道水に入れるのだけは止めてもらいたいと思っています。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)