a0002_004886
このところ、骨折のニュースをよく耳にします (・∀・)つ
骨折のほとんどは外力がかかったことによって起こります。
転倒、転落、衝突、交通事故などです。

突発的な事故など、避けることが難しい面もあります。
疲労骨折といって、骨折を起こさない程度の小さな力でも、繰り返し連続的にかかることで、小さなひびがたくさん発生して、骨折が起こることもあります。

転倒予防として、安定性の高い靴を履く、家の段差を解消する、など注意できます。
疲労骨折を避けるためには、過度の運動は慎んだ方が良いようです。

加齢などのために骨粗しょう症となり、骨の強度が低下し、骨がもろくなることもあります。
骨粗しょう症を予防することが、骨折予防となます。

骨の材料となる「カルシウム」が必要なことは大多数の方がご存知の通りです。
ビタミンCが骨を強くするのには必要不可欠ですが、認識されている方は少数と思います。

ビタミンCが欠乏すると、コラーゲンの生成量が低下し、骨がもろくなってしまいます。
水溶性のため体内に蓄積することができません。

海苔はビタミンC、鉄分、カルシウム、EPA、タウリン、食物繊維も含まれいます。
海苔は骨粗しょう症予防に、ピッタリです。

野菜や果物も忘れずに、日々積極的に摂取するように心がけたいです。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)