a1180_009959
小松菜の胡麻和えが好きです (・∀・)つ
胡麻の栄養は、植物の中ではとても高いと言われています。
栄養成分の質が良く、量が多いのも理由の一つです。

白胡麻、黒胡麻、金胡麻ですが、実は他にも茶色いものや紫のものなど、3000以上の種類があるそうです。
胡麻の色によっての栄養価の違いは殆どないということです。

栄養成分は、脂質が50%以上、20%がたんぱく質、残りがビタミン、ミネラル、食物繊維です。
胡麻の脂質には、不飽和脂肪酸であるリノール酸とオレイン酸が含まれています。

特にリノール酸は、体内で作ることができないため、食品から摂ることが好ましいといわれています。

リノール酸は、悪玉コレステロールを溶かして排出するのに必要なもので、オレイン酸は善玉コレステロールの量を維持したまま、悪玉コレステロールの量を減らし、動脈硬化を予防する作用があります。

胡麻を炒った後にすり潰し、胡麻和えやお味噌汁など、料理に入れるのがいいでしょう。
この方法ですと、ごまの栄養をきちんと摂ることができます。

胡麻和えにすると美味しくなるものはたくさんあります。
美味しく食べて、ミネラルを補給してください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)