2017/11/18 に公開
2013年12月28日放送:今からちょうど40年前、日本で初めて売り上げ100万枚を達成した伝説のアルバムが発表された。
当時25歳だった井上陽水さんの3枚目のアルバム「氷の世界」だ。
その爆発的な売れ行きの凄さは、発売日の早朝からレコード店に行列ができ、段ボール箱を開けては直接客にレコードを手渡すような状況だったという。
ヒット曲に後付けするように制作されたのではない、陽水さんの音楽性を前面に押し出すコンセプトが当時の若い世代の心をつかみ、空前の大ヒットとなったのだ。
このアルバムのヒットは、その後の日本のミュージシャンたちにも大きな影響を与えたといわれている―。
先ごろ長年行方が分からなかった、このアルバムのマルチトラックテープが、レコード会社の倉庫で発見された。
中には若き日の陽水さんの声とともに、さまざまな楽器の演奏が入っていた。
このアルバムの制作に加わったミュージシャンやスタッフが集まり、音声トラック一つ一つに込められた思いや秘話を、40年の時を越えて掘り起こしていく。
そして、陽水さん本人が40年前の自分と向き合い、収録曲を演奏。
果たして65歳の陽水さんはどんな「氷の世界」を描くのか? どうぞお楽しみに!

【出演】井上陽水、伊集院静、井上悟、川瀬泰雄、小室等、榊原英資、塩瀬修充、スガシカオ、多賀英典(音声のみ)、谷村新司、中沢新一、なかにし礼、中村冬夫、野見山實、 星勝、みうらじゅん、森本レオ、山口隆(サンボマスター)、リリー・フランキー ほか

【語り】久保田祐佳アナウンサー
 ※諸事情により、一部(洋楽音声)をカットしてUPしています。