a0150_000093
眠りが十分でないと疲れが取れないです(・∀・)つ
寝不足が続くと、不注意によるミスが続く、日中に強い眠気におそわれるなど、深刻な症状が出てしまう可能性があります。

頭の中のイメージと実際の身体の動きにギャップが生まれ、怪我をすることもあります。
セロトニンの分泌が減り、気分が不安定になります。

情報処理能力が低下して、部屋などが片付かないかもしれません。
記憶が混乱し、何をしようと思っていたのか思い出せなくなることもあります。

とにかく寝不足になると、不都合が生じます。
夜に早く寝ることが一番です。

それができないときは、日中に1分間という短時間でも、目をつぶって脳の中の情報を整理してみた下さい。
背筋を伸ばすとか、身体を動かしてみてください。

体温が上がり、活発に動けるようになります。
直射日光を浴びたり、外を眺めたりするだけでも目が覚めます。

必要な睡眠時間は個人差があり、年齢によっても変わります。
同じ時間眠っていても、睡眠不足になる人とそうでない人がいます。

生活習慣の改善と同じになりますが、ストレスを溜めない、少食にする、適度に運動してください。
カフェインは眠気を一時的に取り除くことができますが、夕方以降に飲むと寝つきが妨げられます。

自身の身体の状況に応じて、睡眠の質を上げるように、工夫してください。
再度になりますが、早く寝ることが寝不足解消に繋がります。

パンツを脱いで寝てみたら、よく寝られます。
これは実感です。
v( ̄∇ ̄)v(′∀`)