_SX350_BO1,204,203,200_
生活習慣の中で生まれる歪みを修正することができます (・∀・)つ
操体とは 故橋本敬三先生がまとめた「快適に満足して充分に生きてゆく」ための道しるべです。
「快適に満足して充分に生きてゆく」とは言っても、『100点』を追求するものではありません。
60点でいいのです

『完璧』を目指すと、無理を重ねたり、頑張りすぎたり、負担が大きくなり、不安感や恐怖感が生まれたりします。
許容範囲のバランスの中にいれば、なんとなく快適に生きて行けるようになっています。

無意識のときにバランスをとる行動を病気治しに適用しようという療法でもあります。
寝返りも一種の操体法なのです。

◎痛くない気持ちの良い方向へ動くことです。
◎力を入れずゆっくりと、息を吐きながら動かします。
◎気持ちの良いところで3秒位止めて全身瞬間脱力します。

◎痛いことをしない、首や腰が痛いとき、「少しは我慢して動かした方が良い」というのはダメです。
◎足腰とは関係ない部分の痛みでも、足腰の歪みを治すのが基本です。

ひとりでもふたりでも出来ます。毎日の積み重ねが大事です。
夜寝る前に身体の歪みを修正していると、いつの間にか痛みが消えています。
v( ̄∇ ̄)v(′∀`)