日本では洗剤、衣類、食品など6万7000種類以上使用されています。その中で化学物質過敏症を発症し様々な症状に悩まされ苦しんでいます。