A0004_picture_normal
2年ほど前このブログで、以前小麦を食べないことを実践していたと書いていました。
その後、なぜかグタグタになって普通に食べていました。

ところが、昨年の11月に参加した杉田穂高先生の講演会で、小麦と砂糖を止めると原因不明の不快な症状が改善されると言われました。

杉田先生は、患者さんを動画に収めて見せてくださいました。
初診のときの患者さんの訴えを聞き、2週間小麦を控えて現在の状態を聞いたのです。

10名くらいの証言と歩行の状態をみました。
あまりの改善具合に、ビックリしました。

杉田先生は、2週間だけ実践して体調の変化を感じてくださいと言われました。
その講演後に、再び「小麦は食べない」を実践しました。

食べなくなって、3か月経ちました。
やはり、食べないと快調です。

髪を洗うといつもゴッソリ抜けましたが、今は抜け毛が以前の3分1ほどに減りました。
白髪頭は変わりませんが、少しだけ黒くなった気がします。
胃腸も軽くなったように感じています。

母も同時に始めました。
以前は膝の痛みを常に訴えていましたが、今は膝の痛みのことは忘れてしまったみたいです。
パンと麺類は食べないのですが、天麩羅など総菜は減らすものの食べています。

「小麦は食べない」は、調子が良いのでこのまま続けます。
ご飯は普通に食べますので、辛いことはないです。

皆様も2週間実践して、良さを感じてください。